栄養素

ナノ化がキーのコエンザイムQ10

コエンザイムQ10の効力を上げるためには、何よりもまず吸収率を上げることがポイントです。
コエンザイムQ10という成分は細胞内のミトコンドリアで働くため、そこまでたどりつけなければなりません。
そこで開発されたのが、ナノ化されたコエンザイムQ10です。

http://www.fantomasmag.net/02coenzyme.htmlにも書いてあるように、スムーズに細胞内に入って役割を果たせるように、微粒子になっているので吸収率がとても高く、効果が出やすくなっています。
ナノ化されたコエンザイムQ10の商品には、パッケージに大きく記載されているものがほとんどです。
購入する際には念のためチェックしましょう。

また、コエンザイムQ10は粘着力のある成分http://coq10-supplement.com/yuukouseibunn.htmlなので、顆粒同士がくっついてダマになりやすい成分です。
しかし、商品によっては水にサラッと溶け、そのまま細胞に行き渡り、効果を発揮することができます。
ナノ化されているものは吸収率が上がるように工夫がなされているので、せっかく摂取するならナノ化コエンザイムQ10を選びたいですね。
これはサプリメントだけでなく、美容液やクリームにも当てはまります。
皮膚につけるものならなおさらナノ化されたものでないと意味がないので、ここはしっかりチェックしておきたいポイントですね。
コエンザイムQ10の副作用http://cr-chromium.info/q10no.htmlは完全にはないとは言い切れません。とくにアレルギー体質の方は注意が必要です。

このページの先頭へ